ここから本文です

【日本ダービー】ルメールが学んだ日本のダービー文化

5/25(木) 21:34配信

東スポWeb

【平松さとしの重賞サロン】オークスの前にクリストフ・ルメール騎手とヴィクトリアマイル優勝のお祝い会をやった。結果、それがオークスの前祝いにもなったわけだが、今週のダービーでも、彼はソウルスターリングと同じ藤沢和雄厩舎の馬とコンビを組む。レイデオロだ。

「フランスにいるころ、ダービーは一番勝ちたいレースではありませんでした」

 彼のそんな言葉を聞くと、驚かれる読者の方も多いだろう。日本でも近年デビューする騎手たちの中には、勝ちたいレースを「ジャパンC」や「凱旋門賞」と答える人が多くなってきた。ひと昔前なら「ダービー」が圧倒的に多かったはず。しかし、押し寄せる国際化の波のせいか、全体的に昔よりドライな風が吹くようになったせいか、日本ダービー(日曜=28日、東京芝2400メートル)一辺倒ではなくなっている。

 しかし、ルメール騎手がそう語るのは、そんな理由ではない。

「フランスでは誰もが凱旋門賞が一番。そして2番目はオークスにあたるディアヌ賞で、ダービー(ジョッケクルブ賞)は3番目なんです。これは私だけではありません」

 しかし、日本に来れば話は別――。ここの文化をよく知る彼は冒頭のお祝いの席で「日本ではダービーはとても大事なレース。ぜひ勝ちたいです」と語り、さらにこう続けた。

「レイデオロの皐月賞は休み明け。でも末脚には見どころがありました。ダービーが楽しみです!!」

最終更新:5/25(木) 21:34
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ