ここから本文です

【日本ダービー】サトノアーサーのローテーションが大正解?

5/25(木) 21:34配信

東スポWeb

【日本ダービー(日曜=28日、東京芝2400メートル)美浦トレセン発秘話】オープン馬、しかも自分の取材担当厩舎とあれば、その動向に気を配るのは記者の習性といっていい。皐月賞で本命にしたウインブライト(8着)の様子が気になり、菅田健太助手に声を掛けたのはレース3週間後のこと。1分57秒8のレースレコード決着にあって、終始外を回る大味な競馬をしたのが同馬。8着ながら0秒5差に踏みとどまった走りは、地力強化を示すものと受け取っていた。

「確かにきつい競馬でした。頑張りましたよね。ただ、それだけに…。今は内緒にしておいてほしいんですが、実は蓄積した疲れが過去のレースの比ではないんです。今後の回復がダービーの焦点かもしれません」

 語った菅田クンが見せた渋い表情が、抱えた反動の大きさを当時は雄弁に伝えていた。事実、タフな戦いだったろう。1番人気7着のファンディーナは疲れが抜けずオークス回避、14着コマノインパルスは繋靱帯炎で放牧へ。NHKマイルCへの転戦組も8、11、13着と見せ場さえつくれなかった。

「正直、ダメージはありましたよ。ただし、それが大きな不利とも思えないのは、きっとウチの馬に限ったことではないだろうから。能力が高い馬同士がレコードが出るような硬い馬場で走れば、レースが過酷になるのは当たり前。それなりの負担を抱えるのは、各陣営、同じだと思うんです」

 立て直しに奏功した安堵からか、1週前にこう語ったのは管理する畠山吉宏調教師。おそらく師の言葉は的を射ている。高速決着後の第2冠は極端な結果になりやすい。2004年の1着ダイワメジャー、2着コスモバルクはダービーで6、8着、09年アンライバルド、トライアンフマーチは同12、14着と大きく崩れた。逆に13年ロゴタイプ、エピファネイアは5、2着、15年ドゥラメンテ、リアルスティールは1、4着、昨年ディーマジェスティ、マカヒキは3、1着と相応の力を示した。おそらく世代で抜けた地力があれば多少の疲れはカバーできるし、そうでなければ立場を危うくする。ならば今年は再び横一線の戦いかもしれない。

 一方で反動の懸念はトライアル組にも存在する。青葉賞が2分23秒6、プリンシパルSが1分58秒3と、揃ってレースレコード決着。各陣営が自らとの闘いを余儀なくされているのだ。その意味では第1冠&トライアルをパスしたサトノアーサーのローテが案外、大正解という可能性もあるのだが…。各馬の中間の調整過程と最終追い切りをじっくり吟味して、頂上決戦の答えを出したい。

最終更新:5/25(木) 21:34
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ