ここから本文です

三菱電機がAIをブランド化、エッジの強みを強調

5/25(木) 17:25配信

MONOist

 三菱電機は2017年5月24日、同社の人工知能(AI)基盤技術や応用技術など、AI技術のまとめたブランドとして「Maisart(マイサート)」を発表した。同日から展開を開始する。

 三菱電機では、機器に容易に搭載できるようなAIのコンパクト化※)、機器が自ら短期間で賢くなるAIの学習高効率化、ビッグデータの分析スピードの高速化など、現実的に機器に搭載できるようなAIの開発を推進してきた。これらをブランド化することで、三菱電機としてAIの認知度向上に取り組むとともに、搭載機器の事業展開を加速させていく方針である。

※)関連記事:「コンパクトな人工知能」実現へ、組み込み機器でディープラーニング

 ちなみに「Maisart」は、「Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technology」の略である。「Maisart」は、AI関連の個々の技術ではなく、三菱電機が持つディープラーニング、強化学習、ビッグデータ分析などを基盤とし、認識や識別、原因推定、予兆検知、最適制御、自動化などのアプリケーションとして提供するまでの総合的なソリューションを示しているという。

最終更新:5/25(木) 17:25
MONOist