ここから本文です

2017年のカンヌは熟女たちが美しい!ネットで絶賛の声

5/25(木) 15:12配信

Movie Walker

今年のカンヌ映画祭のレッドカーペットは、40代、50代の女優たちのドレス姿の美しさが目立つと英紙デイリー・メールが特集している。

【写真を見る】2017年カンヌ映画祭に登場したアンディ・マクダウェル(59)

『The Killing Of A Sacred Deer』の上映会に登場した53歳のジュリエット・ビノシュはオフショルダーの深紅のロングドレスで大人のエレガンスを見せつけた。彼女の白い肌と真っ赤なドレスの色が絶妙に溶け合い、無造作にまとめた短い髪もシックな印象を強調している。「ジュリエット・ビノシュはさりげないのに超美人」「いつもスタイリッシュで素敵」「こんな風に年を取りたい」など賞賛コメントが同紙サイトに殺到している。

また、黒いシースルー素材に光るモチーフが施された上品ながら露出度の高いドレスでレッドカーペットに立ち、59歳とは思えない美ボディで注目を集めたのがアンディ・マクダウェル。「30代でも通るルックス」と同紙もベタ褒めで、「アンディ・マクダウェルがきれい過ぎる。上品に年齢を重ねるお手本のよう」「髪がきれいだと若く見えるという証拠のような人」などのコメントが読者からも寄せられている。

42歳のエヴァ・ロンゴリアもヌードカラーの刺繍が施された女神のようなドレスで取材陣の視線をくぎ付けにした。深いプランジネックの胸元ながら、セクシーになり過ぎず、自信に満ちた着こなしはレッドカーペットの女王に相応しい。「ドラマ女優なんだけど一番映画女優っぽい」「劇的で美しいドレス」と絶賛する声が上がっている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:5/25(木) 15:12
Movie Walker