ここから本文です

コーラスグループ「デューク・エイセス」が結成62年で活動に幕 「いい湯だな」「鉄人28号」「かに道楽」など歌う

5/25(木) 17:32配信

ねとらぼ

 1955年8月から歌唱活動を続ける4人組コーラスグループ「デューク・エイセス」が、2017年12月末で活動終了することを公式サイトで発表しました。1950年~1960年代の日本のコーラスブームを築いたグループの1つとして知られ、代表曲には「女ひとり」「いい湯だな」「鉄人28号」などが挙げられます。

【2014年には結成60年記念アルバム「感謝還暦」をリリース】

 結成当初は、黒人霊歌のレパートリーが注目を浴び1962年に紅白歌合戦に出場。1966年には作詞・永六輔さん、作曲・いずみたくさんによる「にほんのうたシリーズ」の「女ひとり」でレコード大賞企画賞を受賞。同シリーズで群馬県の温泉を歌った「いい湯だな」は、後にザ・ドリフターズがカバーしたことで現在も広く知られています。

 アニメやCM、社歌などでも多くの楽曲を手掛け、アニメでは「鉄人28号」の他「遊星仮面」や「忍風カムイ外伝」の挿入歌を担当。ドラマでは「忍者部隊月光」などの主題歌、CMでは「サントリーレッド」「ホンダライフ」「トヨタカローラ」や、関西の人にはなじみ深い「かに道楽」のCMソングも手掛けました。

 結成当時からのメンバーで、現在リーダーの谷道夫さんは御年83歳。2014年には結成60周年記念アルバム「感謝還暦」も発売していました。公式サイトの告知文では62年間続いた歴史に幕を下ろす報告と共に、「偏に皆様方の暖かいお支えが有ったからこその年月と考えております。心より厚く御礼申し上げます」とファンへ向けた感謝がつづられています。

最終更新:5/25(木) 17:51
ねとらぼ