ここから本文です

マルコ・ベロッキオ最新作が7月公開、トラウマ抱えたジャーナリスト映す予告編も

5/25(木) 18:02配信

映画ナタリー

マルコ・ベロッキオの長編最新作「甘き人生」が、7月15日より東京・ユーロスペース、有楽町スバル座ほか全国にて順次公開される。

【写真】「甘き人生」ポスタービジュアル(他1枚)

「甘き人生」は、イタリア人ジャーナリストのマッシモ・グラメッリーニによる自伝小説をもとにした人間ドラマ。少年時代に母を亡くして以降、心を閉ざしたまま生きるマッシモを「ローマに消えた男」のヴァレリオ・マスタンドレアが演じ、ベレニス・ベジョ、エマニュエル・ドゥヴォスが脇を固めている。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、作品賞含む10部門にノミネートされた。

YouTubeにて公開されている予告編には、母が突然いなくなったことを理解できずにいる少年時代のマッシモの姿が。また大人になったマッシモが精神科医のエリーザと出会い、過去のトラウマを乗り越えようとするさまも切り取られている。



(c)2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL,KAVAC FILM SRL,AD VITAM

最終更新:5/25(木) 18:02
映画ナタリー