ここから本文です

木登り中の落下で骨折、間寛平が復帰「まだまだアホなことやらせて!」

5/25(木) 20:44配信

お笑いナタリー

木登り中に落下して左鎖骨と肋骨9本を骨折し、休業していた間寛平が、明日5月26日(金)の生放送「ちちんぷいぷい」(MBS)より仕事復帰する。

【写真】記者会見の様子。(他3枚)

去る4月30日、ツイキャスで木登りの様子を生配信している最中に木から落下した寛平。復帰に先立って本日5月25日に会見を開き、「いろいろホンマにすいませんでした」と騒動を謝罪した。

「みんな、アホやと思ってるでしょ!」と笑いを誘いながら「1回、あの世に行ってきました」と事故を回想。「普段はハーネスをつけていたけど、慣れてきたのもあってそのときは外していた」といい、「木がボキッと折れて『やってもうた』と思った瞬間から意識がない」と話した。

肋骨が折れた衝撃で肺に溜まってしまった血を一晩かけて除去。「いつもは『血ぃ吸うたろか~』言うてる僕が、肺に溜まった血を抜かれてました」と冗談を交えつつ、壮絶な状況を明かす。15日間にわたった入院期間中、坂田利夫が毎日、朝9時から昼頃まで見舞いに来ていたほか、明石家さんまも駆けつけたそう。「『来週、ゴルフやで』と言われた」というエピソードには記者も笑ってしまう。

記者から「もう木登りはこりごり?」と尋ねられると、「気持ちとしてはまだまだ登りたいけど、嫁に怒られるから。でも、ちゃんとハーネスをつけて登りたい」と意欲は薄れていない様子。「本当に心配かけてすみませんでした。アホやなと思うでしょう? まだまだアホなことやらせてください!」と挨拶し、肋骨が9本折れたことにかけて“肋骨戦隊キュウレンジャー”と称したポーズで復帰をアピールしてみせた。

11月には「第7回大阪マラソン」が控えているが、7月までランニングはドクターストップがかかっている。

最終更新:5/25(木) 20:44
お笑いナタリー