ここから本文です

【日本ハム】大谷、故障後初ブルペンでネットスロー「足自体は問題なかった」

5/25(木) 14:27配信

スポーツ報知

 左太もも裏の肉離れで2軍調整中の日本ハム・大谷翔平投手(22)が25日、千葉・鎌ケ谷の室内で故障後初めてブルペンに入り、傾斜を使ったネットスローを行った。

 ホームベースから2、3メートル投手よりにネットを置き、セットポジションで約30球投げ込んだ。「(患部は)大丈夫でした。傾斜は久々だったのでいいところ、悪いところがありましたけど、足自体は問題なかった」と振り返った。患部の状態も回復し投手調整をスタートさせた。今後も定期的にブルペンで投球練習を行っていく予定だという。

 また、この日は午後に室内でマシン打撃を行った。天候がよければ26日に屋外でのフリー打撃を再開する見通しとなっている。

最終更新:5/25(木) 14:27
スポーツ報知