ここから本文です

乃木坂・生田絵梨花 「レミゼ」英国人スタッフも絶賛「きれい」

5/25(木) 17:11配信

デイリースポーツ

 ミュージカル「レ・ミゼラブル」が25日、東京・帝国劇場で初日を迎え、開演前に俳優・福井晶一(43)、吉原光夫(38)、オペラ歌手で女優の森公美子(57)、女優・知念里奈(36)、昆夏美(25)、乃木坂46・生田絵梨花(20)が会見。日本初演30周年公演となる今回から参加した生田が、共演陣から絶賛された。

【写真】乃木坂46・生田絵梨花がキス?

 コゼット役の生田は、稽古からプレビュー公演を通じ「(場面の)背景をすごく考えるようになった」と自身の成長を実感。母親・ファンテーヌを演じる知念からは「生ちゃんは進化していってるんで、ファンテーヌ役もいつかやってくれたら」と言葉を送られた。

 森も「生田さんは真っすぐで素直な声が出てる。お父さん(ジャン=バルジャン)やマリウス(恋人)との関係は、初めはぎこちなかったけど、(乃木坂で)女子だけの中でやってるから。キスシーンもあったりするし、ちょっとぎこちなかったけど、今や大女優です」と太鼓判。

 コゼットを愛するマリウスを思う役の昆も「これだけ美しくて、とっても歌声もすてきなんで完敗だなと」と白旗を上げると、生田は「そんなことないです」「全然」と恐縮した。可憐(かれん)な生田は、英国人スタッフからも呼び出され、「きれい」と言われていたという。

 「ミュージカルとアイドル活動とどっちが楽しい?」と聞かれた生田は、「両方、とっても楽しいです」と優等生の回答。また、キスシーンについて森が「ファンが嫉妬(しっと)するかもしれないから心配」と話すと、「ファンで(プレビュー公演を)見に来た方は、作品にのめり込んで下さってるみたいです」と返していた。