ここから本文です

舞台「ALL OUT!!」開幕、西田シャトナー「いつかはキャラ全員出るバージョンも」

5/25(木) 22:52配信

コミックナタリー

雨瀬シオリ原作による舞台「ALL OUT!! THE STAGE」が、本日5月25日に東京・Zepp ブルーシアター六本木で開幕。初演前には、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

【写真】「ALL OUT!! THE STAGE」公開ゲネプロより、原嶋元久演じる祇園健次。(他22枚)

「ALL OUT!! THE STAGE」では神高ラグビー部に所属する1年生の凸凹コンビ、主人公・祇園健次役を原嶋元久、石清水澄明役を伊万里有が担当。そのほか神高ラグビー部のキャストには、キャプテンの赤山濯也役に佐伯大地、副キャプテンの八王子睦役に松風雅也、スタンドオフの松尾年乃助役に山口大地、祇園らと同じく1年でスタンドオフの大原野越吾役に大原海輝、チーム1の俊足・ウイングの江文優役に宮下雄也、スクラムハーフの賀茂雷太役に樋口裕太、センターの伊勢夏樹役に藤戸佑飛が名を連ねている。

本舞台で描かれるのは、萩野崇が演じる元日本代表の籠信吾をコーチに迎えたことで成長していく神高の姿。練習風景を交えながら、神高と慶常高校、そして東道大相模高校との白熱した戦いが繰り広げられる。試合のシーンではボールを手にしたキャスト陣が、タックルやスクラム、パスワークなどの動きを緩急をつけたマイムによって表現。ラグビー場をイメージしたステージの後方には高さのあるゴールポストが設置されており、トライを決めた選手たちが真剣な眼差しでゴールを狙う。

舞台の見どころは試合シーンだけではない。祇園と石清水の2人をはじめ、中学の同級生同士である石清水と石渡真修演じる慶常の御幸篤、チームを支える赤山と八王子、江文と彼を見守る松尾、各校のキャプテンたちの関係性にもそれぞれ深く切り込んでいる。

囲み取材に登壇したのはキャストの原嶋、伊万里、佐伯、松風、萩野に加え、脚本と演出を手がけた西田シャトナー。原嶋は「この作品が始まる前に『全員でオールアウト(すべてを出し切る)したい』と言ったんですが、本番ではお客さんにトライできるように一生懸命がんばりたいです」と作品になぞらえながら決意を語る。伊万里も「それぞれが熱い思いを抱いているので、その思いを胸にいいスタートが切れたら」と意気込みながら、「お客さんとともにトライできたらいいなと思います!」と原嶋の言葉を引用して笑いを誘った。

松風からは自信を伺わせるコメントも。「シャトナーさんを中心に、発明に近いような画期的なアイデアをふんだんに盛り込んで素晴らしい作品になりました」と述べた後、「クルーが一丸となってお客さんの心にトライしたい」と話す。次の佐伯は「かなり斬新で熱のある作品。自分自身いっぱいいっぱいな部分もありますが、そこも含めていい作品になるよう全力を尽くすので、皆さんノーサイド(試合終了)までお付き合いください」と観客に呼びかける。

コーチ役の萩野は選手役のキャストたちの奮闘に涙が込み上げてくることもあったと明かし、「みんなのがんばりや、シャトナーさんの創意工夫によって想像もつかない作品になった」と周囲を讃える。そしてシャトナーは「自分も原作ファンの1人として一生懸命作りました」と述べ、「今回は原作のキャラクターを全員出せなかったので、いつか全員出るバージョンを上演できたら」と今後の展開を期待させる。また本作のマイムを手がけたいいむろなおきに「原作を読み込んで指導してくれたので、そのおかげで次元の壁を超える演技ができたと思います」と感謝の気持ちを伝え、「未知の世界への冒険、そして挑戦していくことが自分にとって演劇の役目だと思っています」と力強く宣言した。

原作の「ALL OUT!!」はモーニング・ツー(講談社)で連載中。舞台は6月4日まで上演され、本作のBlu-ray / DVDは10月11日に発売される。

舞台「ALL OUT!! THE STAGE」
期間:2017年5月25日(木)~6月4日(日)
会場:Zeppブルーシアター六本木

チケット一般発売日:2017年2月25日(土)10:00~

原作:雨瀬シオリ(講談社 月刊『モーニング・ツー』連載)
脚本・演出:西田シャトナー

キャスト
祇園健次:原嶋元久
石清水澄明:伊万里有
赤山濯也:佐伯大地
八王子睦:松風雅也

大原野越吾:大原海輝
江文優:宮下雄也
松尾年乃助:山口大地
賀茂雷太:樋口裕太
伊勢夏樹:藤戸佑飛

御幸篤:石渡真修
平唯一:土井一海
久川久美男:水沼天孝

花館充男:小西成弥
堀川謙弥:上田堪大
和田敏郎:滝川広大

籠信吾:萩野崇

(c)雨瀬シオリ・講談社/「ALL OUT!! THE STAGE」製作委員会

Yahoo!ニュースからのお知らせ