ここから本文です

阪神・鳥谷の“代役”スタメン起用のキャンベルがバックスクリーンに来日1号2ラン

5/25(木) 18:36配信

デイリースポーツ

 「阪神-巨人」(25日、甲子園球場)

 阪神のエリック・キャンベル内野手(30)が来日1号となる2ランをバックスクリーンに放った。

【写真】待望の1号弾!打球の行方を見ながら駆けだすキャンベル

 前夜、死球で鼻骨骨折した鳥谷がベンチスタート。キャンベルが「6番・三塁」で起用された。初回、阪神は糸井、上本の連打で先制点を奪うと、巨人・中井のエラーで追加点。2-0として、なおも続く好機に、キャンベルが1-1からの3球目をとらえ、バックスクリーンへの本塁打を放った。「打ったのはスライダー。ランナー一塁の場面だったから、とにかく後ろのバッターにつなぐことを考えて打席に入った。打った瞬間入るかわからなかったから、次の塁を狙って一生懸命走ったよ。追加点を取ることができてよかった」。代役助っ人の大きな仕事で、阪神は初回に4点を奪った。

スポーツナビ 野球情報