ここから本文です

西武・浅村 ボークで命拾い 左飛でアウトが打ち直して勝ち越し適時打

5/25(木) 20:33配信

デイリースポーツ

 「西武-日本ハム」(25日、県営大宮公園野球場)

 西武・浅村栄斗内野手が、打ち直しで勝ち越し適時打を放った。

 3点を追う六回に秋山の右越え3ランで同点となり、なおも1死一塁で日本ハムの2番手右腕、谷元から放った打球は左飛。アウトの宣告を受けたが、この時に谷元がボークを犯していたとして、一塁走者が2塁へと進塁し、浅村は再び打席へ。

 気落ちした谷元が投じた打ち直しの“初球”をフルスイングすると、これが左中間適時二塁打となった。

 この一打で西武の三塁ベンチはお祭り騒ぎ。珍しい勝ち越し打に浅村も思わずベンチに向かってピースサインをつくっていた。