ここから本文です

西武が4連勝 打者一人を三振のガルセスが初勝利

5/25(木) 21:33配信

デイリースポーツ

 「西武8-5日本ハム」(25日、県営大宮公園野球場)

 西武が逆転で4連勝。3点を追う六回、秋山の2試合連発となる8号3ランで同点とし、さらに浅村の適時打で逆転に成功した。

 浅村は“打ち直し”がタイムリーになる珍しいプレーでの一打。1死一塁で日本ハムの2番手右腕、谷元から放った打球は左飛だったが、この時に谷元がボークを犯していたとして、一塁走者が2塁へと進塁し、浅村は再び打席へ。ここで左中間への適時二塁打を放った。

 一方、日本ハムは四回1死満塁から内野ゴロに岡と石井一の適時打で勝ち越し。今季初登板初先発の中村も5回を4安打2失点と勝ち投手の権利をつかんだが、中継ぎ陣が打ち込まれた。

 西武は2番手のガルセスが来日初勝利。六回2死から登板し、打者1人を三振に仕留め、その裏、打線が逆転に成功しラッキーな白星が転がり込んだ。助っ人左腕は「ライオンズのために100%の力でこれからも頑張ります」とお立ち台でファンにアピール。

 また、同点弾の秋山は「いい感触で、いったなと思った。前半に点を取れなくて、打ってやろうと思っていた」と笑顔。4連勝には「この流れを止めないとうに打っていきたい」と声援にこたえていた。

スポーツナビ 野球情報