ここから本文です

石原さとみ「24時間テレビ」チャリティーパーソナリティー「正直いろいろ悩みましたが…」

5/26(金) 5:04配信

スポーツ報知

 毎夏恒例の日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(8月26、27日)のチャリティーパーソナリティーを、女優の石原さとみ(30)が務めることが25日、分かった。

 今年40回目を迎える「24時間―」に、石原が新しい風を吹かせる。パーソナリティーは初挑戦。「オファーを頂いたときは正直いろいろ悩みましたが、知らないことを知れる喜びや専門家の方から話を聞けること、普段会えない方に会えること、そしてなにより、この歴史ある40回目の24時間テレビに参加し、皆さんと共に体験できることが、すごく貴重な時間だなと思い、今はとてもうれしくワクワクしています」と語る。

 石原は昨年の「24時間―」の企画コーナーで、ケニアで井戸を掘るロケに参加。映画「風に立つライオン」のロケでケニアを訪れたことからアフリカの問題に関心を持つようになり「人の悩みに向き合う時間がとても増えました。様々な困難や障害の話を聞き、知らない知識や感情、現実を知っていく度に、心のひだが深くなっていくような気がしていました」と真剣に取り組んできた。

 メインパーソナリティーの嵐・櫻井翔(35)、KAT―TUN・亀梨和也(31)、NEWS・小山慶一郎(33)との共演には「キャスターとしても活躍されていますので、存分に頼らせていただこうと思っています」と信頼の表情。「24時間起きている、ということが最近ない」と不安ものぞかせるが「誰よりも勉強して知識を増やし、たくさんの人に話を聞き、人の心を知って、夏の生放送に参加できたら」と意気込んだ。

最終更新:5/26(金) 5:04
スポーツ報知