ここから本文です

東山紀之主演ドラマ『刑事7人』第3シリーズ放送決定「素直にうれしい」

5/25(木) 5:00配信

オリコン

 俳優の東山紀之が主演するテレビ朝日系ドラマ『刑事7人(けいじしちにん)』第3シリーズが、7月期の「水曜よる9時」枠で放送される。高嶋政宏、片岡愛之助、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也らレギュラーメンバーが再集結。今回は東京臨海エリアを舞台に、7人が超凶悪犯罪に挑む。

【写真】再集結したレギュラー出演者

 2015年の第1シリーズで「警視庁捜査一課12係」で出会ったメンバーが、16年の第2シリーズでは、「機動捜査隊」所属となった主人公・天樹悠(東山)を中心に「別動捜査隊」を結成し、各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いてきた。

 東山は「主演を務めさせていただいた上に、その作品を3シリーズも続けさせていただくことは、今の時代では珍しいこと。ですから、素直にうれしいです。過去2シリーズを経てでき上がった世界観を土台に、今回はキャラクターをより多方面で表現したいな、と考えています」とコメント。

 「お前らにはまだ、やってもらわなければならない“でかい仕事”が残っている」と、第2シリーズのラストで謎の言葉を漏らし、「別動捜査隊」を解体した「刑事総務課」課長・片桐正敏(吉田)。第3シリーズでは彼が自ら室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する「第11方面本部準備室」を発足することに。天樹、12係に今も所属する沙村康介(高嶋)、水田環(倉科)・青山新(塚本)、「未来犯罪予測センター」の山下巧(片岡)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路)が再び招集する。

 「よくこんなに集めたなぁ、と驚くくらい、どなたもプロフェッショナルで、クセのある方ばかり。そのクセが僕は大好きなんです。皆さん、本当にいろんな球を投げてきますからね! ですから逆に、僕自身は直球で勝負したい。その球をどう受け止め、どう投げ返してくださるか楽しみです。視聴者の皆さんにも、この座組みならではの化学反応を堪能していただきたいです」(東山)。

 2020年に向け、目まぐるしい再開発に伴う利権争いが激化し、新たな犯罪の温床となりつつある臨海エリア。現代日本の縮図のような混沌とした同エリアで、天樹らはより複雑化、多様化、そして国際化する超凶悪犯罪に毎回挑んでいく。そんな中、浮かび上がってくるのが臨海エリアに潜む闇の存在。一筋縄ではいかない最強の敵を前にした7人は、仕事としての正義を超えた領域にまで足を踏み入れ、暴走していくことになる。その過程で見えてくるそれぞれの感情と秘密、裏の顔…。回を追うごとに不信感や対立関係をも生みながら、ギリギリの正義を交錯させていく。

 天樹は妻子を一度に亡くしており、それによって心に深い傷を負ったことは第1シリーズで明らかになっていたが、その詳細については語られていなかった。天樹の妻・清と娘・聖は12年前に臨海エリアの一角で事故死しており、“闇に葬られていた真相”が今シリーズで明かされることになる。

 「今回は妻子の死をめぐる天樹の過去も明らかになり、“人間ドラマ”としての色合いが強くなります。過去が明確になれば、キャラクター性もより際立ってくると思うので、実は僕自身もこの展開を望んでいました。ちょうど自分がそう考えていたときに、スタッフの方々が新たな物語展開を考えてくださったこと、そうして形作られた“人間ドラマ”を実際に表現していくことに意味を感じています」(東山)。

最終更新:5/25(木) 5:00
オリコン