ここから本文です

具志堅用高、芸能活動のギャラ費やしジム運営 20年越し世界チャンピオン輩出に感慨

5/25(木) 19:38配信

オリコン

 元プロボクサーでタレントの具志堅用高(61)が25日、東京・サンシャインシティで行われた『沖縄めんそーれフェスタ2017』前夜祭に登場。20日に行われたWBC世界フライ級タイトル戦で、自身が会長を務める具志堅スポーツの比嘉大吾選手(21)が世界王座となったことを受け「(ジムの立ち上げから)20年かかりましたから感動がね…うれしいですよ」と改めて喜びをかみしめた。

【イベント写真】ダンスで具志堅用高を誘惑するバービー

 今回のタイトル戦でかける思いは相当だったようで「今回の世界戦でチャンピオンになれなかったら、ジムをやめるって決めていたんですよ」と衝撃の告白。「やっぱり、自分がチャンピオンになるより、育てる方が難しいね」と産みの苦しみを語りつつ「今回なってくれたから、また続けようと思います。彼はバンタムくらいまではいける。それくらいしないと、この20年の元は取れない」と笑顔で継続を宣言した。

 世界チャンピオンを輩出した安堵感からか「今まではそういうことを言ってこなかったんだけど」と前置きした上で、タレント活動のギャラの多くをジム運営に費やしてきたことも告白。「なかなかファイトマネーも上がらないね」と嘆きながらも「彼は、両親に家でも建ててあげたいって言っているからね」と育ての親として比嘉選手の更なる活躍を願っていた。

 今年で9回目となる同イベントでは、計42店舗が集結し、沖縄そば、海ぶどうといった沖縄直送の食材や料理・スイーツを販売する「沖縄物産展」や「めんそーれビアガーデン」などを実施。ディズニー映画『モアナと伝説の海』日本語吹替版声優の屋比久知奈をはじめとした、沖縄出身アーティストたちによる生ライブも行われる。

 イベントにはそのほか、フォーリンラブのバービーも登場し、司会はお笑いコンビのキャン×キャンが務めた。同イベントは、あす26日から6月4日まで開催される。

最終更新:5/25(木) 19:42
オリコン

Yahoo!ニュースからのお知らせ