ここから本文です

『銀魂』dTVでドラマ化 小栗旬、福田雄一監督ら再集結で“泣ける”物語描く

5/26(金) 12:00配信

オリコン

 7月14日に実写版映画が公開される人気漫画『銀魂』(原作:空知英秋)が、映像配信サービス「dTV」でオリジナルドラマ化され、同月15日より配信(全3話、一挙配信)されることが明らかになった。出演に小栗旬、柳楽優弥、吉沢亮、中村勘九郎ら、監督に福田雄一氏と劇場版のキャスト・スタッフが再集結し、シリーズ史上屈指の“泣ける”男たちの熱い絆の物語を描く。

【動画】映画『銀魂』WEB版予告映像

 『週刊少年ジャンプ』連載中の原作は、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に支配されたパラレルワールドの幕末江戸を舞台に、主人公・坂田銀時ら、江戸の治安を預かる侍たちの活躍を描くSF時代劇。初の実写化となる劇場版では小栗が銀時を演じるほか、銀時と同じ「万事屋」のメンバー・志村新八役で菅田将暉、神楽役で橋本環奈が出演。柳楽、吉沢、中村が「真選組」の土方十四郎、沖田総悟、近藤勲をそれぞれ演じている。

 今回のドラマ版は、真選組が活躍するシリーズきっての“泣ける”人気エピソードを描く感動巨編。銀時役の小栗はもちろん、柳楽、吉沢、中村ら真選組メンバーも総出演し、福田氏が監督・脚本を担当。本作のために“再集結”したキャスト・スタッフの面々によって描かれる“男たちの熱い絆”が見る人の心を揺さぶる。また、テレビ東京系ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズや映画『女子ーズ』などコミカルな演出に定評がある福田雄一監督が挑む“シリアス”な演出の新境地も必見。

 そのほかdTVではオリジナルドラマのみならず、原作コミックをコマ割りして動かし、セリフや効果音などを付け加えた『銀魂』の「ムービーコミック版」を制作。テレビアニメ版で銀時の声優を務める杉田智和ほか、アニメシリーズと同様の声優キャストが顔をそろえ、物語の原点となるコミック1巻の第1話をはじめ、選りすぐりのエピソード全12話を7月1日より順次配信していく。

■dTVオリジナルドラマ『銀魂』特設サイト
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0000669

最終更新:5/26(金) 12:00
オリコン