ここから本文です

ドローン自動飛行 南相馬で実証試験

5/25(木) 10:00配信

福島民報

 政府は小型無人機「ドローン」の自動飛行実用化に向けて、平成30年度に一部開所する福島県南相馬市のロボット開発・実証拠点ロボットテストフィールドで先行的に実証試験に取り組む。
 政府は、数キロから数十キロの無人操作実現へ障害物の衝突回避や運航管理システムの開発をする。また、長距離飛行に耐えられる機体の研究にも着手する方針だ。ロボットテストフィールドの敷地は広大で、約10キロ離れた地点にはドローン発着場を設ける計画があるため試験に適していると判断した。
 政府は昨年4月、ドローンの活用促進に向けた工程表(ロードマップ)を策定した。24日までに工程表を改定し、ロボットテストフィールドでの実証試験の推進などを盛り込んだ。

福島民報社

最終更新:5/25(木) 10:08
福島民報