ここから本文です

伊東市と友好都市提携 広野町

5/25(木) 11:25配信

福島民報

 福島県広野町と静岡県伊東市との友好都市提携式は24日、広野町役場で行われ、遠藤智町長と佃弘巳市長が提携書にサインし取り交わした。
 提携書では「教育・文化・産業・経済をはじめ、幅広い分野にわたる交流を促進し、両市町が発展することを目的に友好都市を提携する」とした。
 式では遠藤町長が「友好都市の提携を広野町の復興を前進させる大きな力にしたい」、佃市長が「先人が築いたこれまでの絆を守り、育てていきたい」とあいさつした。黒田政徳町議会議長が祝辞を述べた。
 両市町の交流は伊東市で「ホテル暖香園」を経営する北岡貴人さんが幼少時を広野町で過ごし、当時の恩師や友人と交流を続けていたのがきっかけ。北岡さんの仲立ちで、平成5年に伊東市少年少女合唱団と広野小器楽部との交流が始まった。広野町で開催している「ひろの童謡まつり」に伊東市の合唱団体が出演し、同市で開かれる伊東温泉めちゃくちゃ市に広野町がブースを出店するなど交流を続けている。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後の23年7月には災害時の相互応援協定を締結し、同年12月には市職員が町に応援職員として派遣された。

福島民報社

最終更新:5/25(木) 11:27
福島民報