ここから本文です

通販3社に特設ページ 県産農林水産物オンラインストア

5/25(木) 11:26配信

福島民報

 福島県の県産農林水産物オンラインストア事業の詳細が固まった。特設ページをインターネット通販大手の楽天、ヤフー、アマゾンに開設し、7月から全国販売を開始する。県内の100事業所以上の出店が目標で24日、募集を始めた。
 県によると、通販大手3社に特設ページを設けるのは全国初の取り組み。新規出店の場合は、年間20万円前後かかる出店料やページ制作支援料を全額補助する。事業費として平成29年度一般会計当初予算で約5億6千万円を確保した。
 出店できるのは県内に事業所があり、県産農林水産物や加工品を生産・販売する農林水産業者、食品加工業者、流通販売業者。コメや果物、野菜、魚介類だけでなく、みそやしょうゆなどの加工品、和菓子、伝統工芸品なども幅広く販売できる。
 オンラインストアでの販売手数料はかかるが、県が年4回程度実施するネット上の販売促進キャンペーンへの参加は無料とする。
 県産の農林水産物や食品、特産物を支援してくれるファンは全国にいるが、量販店や小売店での県産品の流通量は限られているため、オンラインストアを活用し消費者に直接販売する。県農産物流通課の担当者は「県産品の安全性は検査で折り紙付き。福島県産として堂々とおいしさを届けることで生産者のプライドを取り戻す」としている。
 県は6月14日から3日間、県内3会場で出店説明会を開く。申し込みと問い合わせは事務局(イダテン) 電話024(529)7187へ。説明会の日時と場所は次の通り。
 ▽14日=コラッセふくしま(福島・午後1時)▽15日=会津若松商工会議所(会津若松・午後1時)▽16日=南東北総合卸センター(郡山・午後1時)

福島民報社

最終更新:5/25(木) 11:29
福島民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ