ここから本文です

マイナーチェンジしたばかりの新型フォルクスワーゲン ゴルフを徹底解説&速攻試乗

5/25(木) 11:00配信

オートックワン

40年以上の歴史をもつ輸入車の老舗定番ブランド ”Golf”

輸入車にはさまざまなブランドと車種があるが、この中で最も身近な存在はフォルクスワーゲン(VW) ゴルフだろう。初代VW ゴルフは1975年に日本で発売を開始したので(欧州では1974年)、すでに40年以上の歴史がある。

新型フォルクスワーゲン ゴルフ フォトギャラリー[画像61枚]

しかも売れ行きは今でも好調だ。2016年度(2016年4月から2017年3月)の輸入車販売ナンバーワンはMINIだったが、2017年の第1・4半期(2017年1月から3月)に限れば、順位が逆転してゴルフが1位になる。この3か月間で6406台を登録しており、日本車であればスバル レヴォーグやホンダ オデッセイと同等だ。中堅レベルの販売実績である。

それなのにブランド全体で見ると、1位がメルセデス・ベンツ、2位がBMW(ミニを除く)、3位がVWにとどまる。かつてVWは輸入車の最多販売ブランドだったが、2015年9月に北米で発生したディーゼル車排出ガス規制に関する不正問題のイメージダウンから脱し切れていない。この状況も考えれば、VWゴルフは従来型からの乗り替え需要が多いこともあり、かなり好調な売れ行きとなる。

ゴルフが高い人気を得ている理由は、優れた走行安定性、長距離を移動する時でも疲労の少ない快適な乗り心地など、ドイツ車の魅力を適度なサイズのボディと価格で得られることだ。今ではゴルフも全幅がBMW 3シリーズと同じ1800mmになって大型化されたが(VW ポロが昔のゴルフに相当するサイズになる)、全長は4265mmだからドイツ車の中ではコンパクトな部類に入る。

7代目の現行ゴルフ(ゴルフ7)は2013年に日本国内販売を開始したが、今回2017年5月25日に少し規模の大きなマイナーチェンジを受けた。この概要と、試乗した印象をお伝えしたい。

メーターパネル内に12.3インチのカラー液晶ディスプレイを表示

マイナーチェンジは5ドアハッチバックのゴルフに加えて、ステーションワゴンのゴルフ ヴァリアント、スポーツモデルのGTIやRについても行われた。

変更点で最も目立つのは外観だろう。マイナーチェンジだから基本デザインは同じだが、従来型のバイキセノン(ディスチャージ)ヘッドライトをLEDヘッドライトに変更した。5ドアハッチバックの車両後部にはダイナミックターンインジケーター(方向指示器)が装着され、光の帯が中央から外側に流れるアウディのような手法を採用する。

内装では、ゴルフ TSI ハイラインとGTIにオプション設定、ゴルフRに標準装着されるアクティブインフォディスプレイに注目したい。

ハンドルの奥側に12.3インチのディスプレイが備わり、速度計とエンジン回転計、この間にはカーナビのマップや各種の情報を表示できる。インパネの中央にもカーナビ画面が備わるが、アクティブインフォディスプレイに地図画面を表示している時は、オーディオなど別の情報を引き出して有効活用できる。アクティブインフォディスプレイは画面表示の精度が高く視認性も良いため、走行中のチェックもしやすい。

この装備はアウディに加えてVW パサートやティグアンにも採用され、インパネ周辺も高級に見せているが、ニーズはユーザーによって異なるだろう。情報表示の多機能を求めるなら欲しいが、一般的には装着しなくても不便は生じない。テクノロジーパッケージとして用意され、オプション価格は17万2800円となる。

1/5ページ

最終更新:5/25(木) 11:00
オートックワン