ここから本文です

ユニークな教育内容のインターナショナルスクールが突然の閉園、運営会社の(株)Cloverが破産へ

5/25(木) 14:35配信

東京商工リサーチ

 (株)Clover(TSR企業コード:576763896、法人番号:9120901031916、大阪市東住吉区鷹合3-3-16、登記上:茨木市南春日丘6-9-22、設立平成24年10月、資本金300万円、秋本周一郎社長)は5月23日、事業を停止し、破産手続きを辻井圭太朗弁護士(南法律事務所、京都府京都市中京区柳馬場通錦小路下る瀬戸屋町463-2、電話075-211-0206)に一任した。
 負債総額は約2000万円。
 
 大阪市東住吉区において「クローバーインターナショナルスクール」として、認可外保育(プリスクール)、幼稚園、英会話教室事業等を手掛けていた。外国人講師による外国語授業や右脳教育を取り入れるなど、ユニークな教育内容でメディアからも注目を集めていた。
 スクールには約30人の園児が在席し、29年4月以降の新年度の入園募集も行っていた。しかし、代表自宅が金融機関に仮差押がなされ、28年5月には第三者に売却されるなど資金繰り逼迫が表面化していた。

東京商工リサーチ