ここから本文です

ダニエル太郎が予選決勝へ、内山靖崇は敗退 [全仏テニス]

5/25(木) 2:22配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/予選5月22日~、本戦5月28日~6月11日/クレーコート)予選3日目は、男子予選2回戦と女子予選1回戦残り試合が行われた。

ダニエル太郎が予選勝者のフラタンジェロを破り、ATPツアーで2度目の8強入り [エストリル・オープン]

 5人が出場した男子の日本勢は、ダニエル太郎(エイブル)と内山靖崇(北日本物産)が2回戦に進出。第4シードのダニエルがマティヤ・ペコティッチ(クロアチア)を6-3 6-2で破って予選決勝へ駒を進めたが、内山は第5シードのノルベルト・ゴンボス(スロバキア)に6-7(3) 3-6で敗れた。

 ダニエルは本戦入りをかけて、第18シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)と対戦する。ルブレフは2回戦で、ミルザ・バシッチ(ボスニアヘルツェゴビナ)を6-4 5-7 6-2で下しての勝ち上がり。

 男子予選は128ドローで争われ、3回勝った16名が本戦の出場権を手にする。

※コート番号は試合が予定されているコート、名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位
(試合予定は状況により変更されることがあります)

     ◇   ◇   ◇

【男子予選2回戦の試合結果(日本人選手)】

○25ダニエル太郎(エイブル)[4] 6-3 6-2 ●28マティヤ・ペコティッチ(クロアチア)

●36内山靖崇(北日本物産)6-7(3) 3-6 ○33ノルベルト・ゴンボス(スロバキア)[5]

--------------------

【予選4日目の試合予定(日本人選手)】

Court8
第1試合 WQS-2R 78加藤未唯(佐川印刷)vs 80レベッカ・スランコバ(スロバキア)[19]

Court16
第2試合 WQS-2R 5桑田寛子(島津製作所)vs 8ニコール・ギブズ(アメリカ)[20]

--------------------

【男子予選決勝の組み合わせ(日本人選手)】

25ダニエル太郎(エイブル)[4] vs 32アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[18]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5/25(木) 2:22
THE TENNIS DAILY