ここから本文です

教え子にキス、盗撮30回… わいせつで2教諭免職 歯止めかからず 千葉県教委処分

5/25(木) 11:10配信

千葉日報オンライン

 千葉県教委は24日、自校の女子生徒2人にキスや体を触るわいせつ行為をしたとして県立高校の男性教諭(34)を懲戒免職処分とし、駅でスカート内盗撮を繰り返したとして野田市立中学校の男性教諭(35)も懲戒免職にした。半田徹也教育次長らが陳謝した上で、再発防止に向けた教員の指導を徹底すると強調したが、わいせつ事案による懲戒免職は昨年度も3件相次ぎ、歯止めがかかっていない。

 県教委によると、県立高校教諭は、今年3月下旬~4月中旬に複数回、自宅で同じ女子生徒の体を触るなどしたほか、昨年12月下旬の休日には一緒に遊園地を訪れた別の女子生徒にキスをした。教諭は「相談などに乗っているうちに(2人それぞれに)好意を抱いた」と説明。2人とも部活動で指導していたという。

 別の生徒が校内での親密な様子に違和感を覚え、学校に相談したことを機に発覚した。県教委は生徒が特定される恐れがあるとして、教諭の氏名を公表せず、勤務校は「県中央部」(千葉、市原、袖ケ浦、木更津の各市が該当)とした。監督責任で男性校長(60)も減給10分の1(1カ月)。

 盗撮での免職は、野田市立木間ケ瀬中の藤原大輔教諭で、2014年11月~今年2月にかけて同市の東武七光台駅東口の階段で、勤務後などに少なくとも30回、スマートフォンの動画機能を使って女子高校生のスカート内を盗撮。今年3月下旬に同駅で女子高校生の後ろに付く不審な行為をした男が駅員を振り切って車で逃げる事案があり、車のナンバーから浮上した。

 県教委の聴取に対し、一連の行為を認め、動画は削除したと説明。刑事処分は受けていないという。