ここから本文です

広島メタル&マシナリー、ケムテック事業部新工場を建設

5/25(木) 11:52配信

日刊産業新聞

 広島メタル&マシナリー(本社=東京都新宿区、川口敬一郎社長)は16年2月からの3年間を対象とする中期計画を策定、特殊鋼、鋳鋼の持ち味・強みを生かした体質強化と、機械事業および新規事業の拡大による安定した収益体質基盤の確立を目指している。今年の3月末には中国材の流入などで受注が低迷し、収益的に厳しかった船舶用チェーンの生産から撤退した。一方で、新たにケムテック事業部の工場建設を決めた。今年度下期から工事に着手、来年夏場の操業開始を見込んでいる。

最終更新:5/25(木) 11:52
日刊産業新聞