ここから本文です

ロケットラボ「エレクトロン」初打ち上げ 軌道到達以外は成功 月面探査レースに刺激

5/25(木) 19:53配信

sorae.jp

民間で開発を進め、月面探査レースチームの探査機打ち上げも契約しているロケットラボ社の「エレクトロン」ロケット。こちらが5月25日に初打ち上げをおこない、軌道到達以外は成功するという満足の得られる結果となりました。
 
エレクトロンは全長17mの小型ロケットで、太陽同期軌道に500kgの打ち上げ能力を持ちます。今回ニュージーランド北部で行われた打ち上げでは、第1段ブースターの燃焼、ロケット第2段の分離、第2段の点火、ペイロード・フェアリングの分離までは成功しています。
 
エレクトロンは小型人工衛星「CubeSat」などの打ち上げが可能で、すでにNASAだけでなく複数の民間企業との契約を結んでいます。またその中には、民間初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」のアメリカチーム「Moon Express」もあります。Google Lunar XPRIZEは2017年内に打ち上げ準備を整える必要があるため、今回の打ち上げにはMoon Expressのメンバーもほっと一安心、といったところでしょう。

最終更新:5/25(木) 19:53
sorae.jp