ここから本文です

マカオの著名ポルトガル料理レストラン「アントニオ」が新業態店「タパス・デ・ポルトガル」オープン

5/25(木) 17:50配信

マカオ新聞

 このほど、マカオ・タイパ島の観光名所、タイパヴィレッジの著名ポルトガル料理店「アントニオ」のポルトガル人オーナーシェフ、アントニオ・コエーリョ氏が新業態店「タパス・デ・ポルトガル・バイ・アントニオ」を同店横にオープンさせた。

 「タパス・デ・ポルトガル・バイ・アントニオ」は伝統的なポルトガル式の店舗兼住宅建築を一棟丸ごとリノベーションした3フロア構成の一軒家レストラン。日本風で言う1階がバー、2階と3階がダイニングエリアで、3階にタイパヴィレッジのレトロな町並みを望むことができる大きなバルコニーが付く。

 「アントニオ」がオーセンティックなポルトガル料理を中心としたメニュー構成なのに対し、「タパス・デ・ポルトガル・バイ・アントニオ」では、アントニオ氏が考案したというコンテンポラリーなポルトガル風の各種タパスがメイン。タパスとは小皿料理を指し、グループでテーブルを囲む場合、多くの種類のメニューを味わうことができるのが特徴とのこと。アントニオ氏のセレクトによるタパスに合うポルトガルワインやビール、カクテルについても豊富なランナップが揃うという。

 タイパヴィレッジは土産物店や老舗レストランが多く集まる古くからの人気観光地として知られ、平日でも多くの観光客で賑わうエリアだ。ポルトガル統治時代に建てられた南欧風の町並みが多く残り、エキゾチックかつレトロな雰囲気を感じることができる。大型カジノIR(統合型リゾート)集積地区のコタイ地区に近く、近年になって次々と新たなショップやレストランがオープンするなど、活性化も進んでいる。

最終更新:5/25(木) 17:50
マカオ新聞