ここから本文です

チーターズ主将はサンウルブズ戦欠場 南ア代表選出のルールとモホジェが先発

5/25(木) 19:09配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 スーパーラグビーは来年からチーム数が削減され、2チームが除外されることとなる南アフリカ勢。その候補と見られているキングズが闘志を燃やしてシャークスやワラターズといった強豪も倒し4勝を挙げているのに対し、同じく、来季はスーパーラグビーでプレーできない可能性があるチーターズは、これまで2勝10敗と元気がない。来日前のニュージーランド遠征ではブルーズに32-50、ハリケーンズに7-61と大敗。帰国前ラストマッチとなる27日のサンウルブズ戦(東京・秩父宮ラグビー場)で、意地を見せられるだろうか。

チーターズ戦に谷田部などが先発。サンウルブズ立川主将「絶対に勝ちたい」

 今週、6月のテストマッチに臨む南アフリカ代表のスコッドが発表され、チーターズからはFLテボホ(オウパ)・モホジェとWTBレイモンド・ルールが選出された。今季4トライを挙げているガーナ出身のスピードスター、ルールは5年ぶりのスプリングボックス復帰であり、意欲に満ちてサンウルブズ戦に臨むだろう。

 ボールを動かすアタッキングラグビーがチーターズの伝統的スタイルで、オフロードパスの数は全18チーム中最多。WTBルールも巧みだ。FBクレイトン・ブロメキースはボールキャリー力があり、右WTBセルジール・ピーターセンも決定力は高い。

 モールからのトライも多く、南ア代表キャップ保持者のFLウザイア・カシームなどがパワーをもたらす。

 キャプテンのCTBフランソワ・フェンターは先週のハリケーンズ戦で太もも裏の肉離れを起こし、欠場。ゲームキャプテンはナミビア代表でもあるHOトルステン・ファンヤースフェルトが務めることになった。

 南アA代表に選出されたSOフレッド・ゼイリンガはベンチスタートとなり、安定したゴールキッカーであるユーティリティBKのニール・マレーが10番をつける。

 チーターズはサンウルブズと同じく、タックルの成功率が低くてディフェンスが弱い。それでも、タックル数ランキングでHOファンヤースフェルトとFLモホジェはトップ10に入っており、侮れない。

 セットピースは、ラインアウトは平均的に安定しているが、スクラムは苦戦することが多いチーターズ。しかし、南アA代表に選出されたばかりの21歳のPRオクス・ンチェはエネルギッシュで、得意のボールキャリーだけでなくスクラムでも成長中だ。


<チーターズ(第14節・サンウルブズ戦) 試合登録メンバー>

1.Ox Nche  2.Torsten van Jaarsveld  3.Johan Coetzee  4.Armandt Koster  5.Carl Wegner  6.Uzair Cassiem  7.Oupa Mohoje  8.Henco Venter  9.Shaun Venter  10.Niel Marais  11.Raymond Rhule  12.Clinton Swart  13.William Small-Smith  14.Sergeal Petersen  15.Clayton Blommetjies

〔リザーブ〕
16.Elandre Huggett  17.Charles Marais  18.Tom Botha  19.Francois Uys  20.Niell Jordaan  21.Junior Pokomela  22.Tian Meyer  23.Fred Zeilinga