ここから本文です

行方不明者の中学生を早期発見 警察犬モカに感謝状

5/25(木) 10:13配信

佐賀新聞

 佐賀県警唐津署は24日、行方不明者の捜索で早期発見したとして警察犬モカ=シェパード、オス5歳=とモカの指導手で佐賀県多久市役所職員の河野忠敏さん(59)に署長感謝状を贈った。

 同署によると、先月14日午後10時半すぎ、唐津市内の男子中学生の家族から「帰宅していない」と申し出があった。モカに出動要請があり、1時間後、本人使用のタオルのにおいを手掛かりに、中学生が最後に目撃された場所から捜索開始。4キロ歩き、翌日午前2時すぎに発見した。

 署員たちの前で、坂本俊明署長から感謝状と4キロ分のドッグフードを受け取った。モカは過去に40回ほど出動し、2度の表彰歴もある。2009年から嘱託の指導手を務める河野さんは「直接発見したのは今回が初めてで、見つけたときはその場でなでまわし、かわいがってやりました」と目を細めた。

最終更新:5/25(木) 10:53
佐賀新聞