ここから本文です

日鉄住金ドラム、危険物用薄手オープン缶に新型

5/25(木) 11:55配信

日刊産業新聞

 日鉄住金ドラム(小原知実社長)はこのほど、危険物用薄手オープン缶「LMOK」を開発した。13年に発売した「ULO」に続くタイプ2で、胴カールを特殊な形状に改良し、耐水圧性能を向上。従来品に比べ、1本当たり2キロの軽量化を実現し、コストパフォーマンスに優れる。昨年末から営業生産を開始し、現在までに4万本を納入している。

最終更新:5/25(木) 11:55
日刊産業新聞