ここから本文です

安田レイの選曲「揉みほぐしプレイリスト」とは?

5/25(木) 11:30配信

TOKYO FM+

5月24日にニューシングル「きみのうた」をリリースした安田レイさんが、TOKYO FMの番組に生出演。リラックスできる「揉みほぐしプレイリスト」3曲を紹介してくれました。

アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんなときに聴いているのか、覗き聴きしていく「LISTEN! MY PLAYLIST」のコーナー。この日、番組に生出演してくれた安田レイさんが選んでくれたテーマ、肩が固まったときに聴いてリラックスできる「揉みほぐしプレイリスト」。パーソナリティ・LOVEとのおしゃべりも弾みました。

◆「Focus」(H.E.R.)

LOVE「すっごいキレイな曲!」

安田「ですよね。ほんとに心が開放されていくような。まずハープのキレイな音色から始まって、ちょっとブレッシーなボーカルが入ってきて、だんだんと男性のコーラスも重なってくるんですよ。だから、あれ? 自分は今どこにいるんだろう?って。教会の中にポツンと真ん中にいて、天井を見上げてるようなイメージが湧いてきて、ふわ~っと溶けていく感じっていうのかな?」

LOVE「あるある。身を委ねたくなる、このボーカルには。イントロのハープにハッとして、ボーカルが来た瞬間にちょっと鳥肌が立った。いい曲~」

安田「美しい化学反応。“美しい”がいっぱい入ってる曲です」


◆「僕らをつなぐもの」(秦 基博)

安田「この間の10周年ライブも行かせていただいたんですけど、この曲、ほんとうに大好きで! 歌詞が最高で、何回も歌詞を読み直してます」

LOVE「秦 基博さん、いい声だし」

安田「いい声ですね~。歌詞が本当にステキで。この曲にはたくさん街の景色が出てくるんですけど、ガソリンスタンドとか信号とか。自分が住んでる街にいっぱいある景色が出てくるので、自分の街、自分の経験と重ね合わせながら聴くと、人生っていいな、恋したいなって。やさしい気持ちになるし、あたたかい何かに触れたくなるというか……人に会いたくなる、そんな1曲です」

LOVE「わかる。秦くんのボーカルは人肌感がすごいですよね。でもライブではこの曲、やってくれなかったんだって?」

安田「そうなんですよ。だから次のライブに期待して。秦さん、歌って!(笑)」


◆「Ordinary People」(John Legend)

LOVE「ジョン・レジェンド、好きですか?」

安田「大好きですね。この曲は、ジョン・レジェンドの中でも一番好きで、なんかこう……息が詰まってきたときはこの曲を聴いて涙活をしてますね。溜まったものを洗い流したいときに聴くんですけど」

LOVE「これは、何を歌った曲なの?」

安田「恋愛について歌ってるんですけど、私たちはどんな職業の人でも、どんな地位の人でも、ただの人間なんだよ。悩むときだってあるし、どっちに行けばいいかわからなくて立ち止まってしまうときもあれば、ぶつかるときもあれば、上手くいくときだってあるし、愛し合えるときもあれば愛し合えないときもある……という、結局は人間なんだから!って」

LOVE「いい歌だ!」

安田「そうなんですよ。この曲は恋愛なんですけど、仕事でも友情関係でも家族の中でいろんなことがあっても、この曲を聴くと『あっ、人間なんだからちょっと悩んでもいいかな?』と」

LOVE「揉みほぐすって、そういうことだよね」


現在発売中の安田レイさんのニューシングル「きみのうた」は、TVアニメ「夏目友人帳 陸」のエンディングテーマとしてオンエア中です。5月30日には、東京・Shibuya duo MUSIC EXCHANGEで行われる「Singin' In The Moonlight Vol.2」に南波志帆さんらと共に出演。7月2日には、愛知・名古屋ブルーノートにて、「安田レイ Debut 4th Anniversary Special Live」(2回公演)が開催されます。詳しくは、オフィシャルサイトをご確認ください。

(TOKYO FM/FM OH! の音楽ワイド番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「LISTEN! MY PLAYLIST」5月24日放送より)

最終更新:5/25(木) 11:30
TOKYO FM+