ここから本文です

山田菜々、闇に落ちた過去を振り返る SNSで「私って可愛い?」

5/25(木) 11:12配信

AbemaTIMES

 『必殺!バカリズム地獄』の第7回が放送され、ゲストにタレントの相沢まきと元NMB48の山田菜々が登場し、鬼ギレエピソードを語った。
 同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムが様々な職業の女性が経験した鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。

 視聴者から寄せられた鬼ギレエピソードで『SNSで自分語りをする人にイライラする。内容もないことや意味深な言葉を投稿している人』といった意見が寄せられると、バカリズムは「女性タレントさんで結構いる」とコメント。これについて相沢まきは「手島優ちゃんが気になるときがある。あれ?って」と話すと、バカリズムは「手島さんありますよね!」と共感した。

 一方で山田菜々は「昔アイドルだったので闇に落ちた時期があって……」と話し、頼れるものがTwitterしかなかった当時を振り返った。「1回だけ新幹線のなかで”私って可愛いですか?”っていうツイートをして……」と話すと、バカリズムは大爆笑。「めちゃダセー! それくらい追い込まれてたんだ。最後のよりどころだったんだ」とコメントし、相沢は「弱ってたんだね」と山田を気遣った。山田は「みんな可愛いよって言ってくれて泣いちゃいました」と話し、自信を取り戻した過去を語った。

 また、現在37歳の相沢まき。事務所から「20代の頃は彼氏がいてもいないって言ったほうがいいって言われていたけど、30歳を超えてからは『デキちゃった結婚でもいいからね』って言われる」と話し、「このまま独身だと不良債権だと思われるのか、事務所の出てくれ感が出ています」と圧力を感じていることを告白。「頼むから養ってもらいなって。事務所はこれ以上できないぞって」と話した。

 一方、アイドルグループを卒業し、恋愛が解禁となった山田菜々は「結婚はしたいけど稼げるときはいっぱい稼ぎたい」とコメント。「本当は専業主婦になりたいけど、今の時代は共働きが普通。それを見込んで貯金をしようと思う」と話したが、相手がお金を持っている場合は専業主婦になりたいと胸の内を告白した。(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:5/25(木) 13:28
AbemaTIMES