ここから本文です

「基地への感情は重すぎて沖縄は沈んでしまう」復帰45年に交錯する本土への感情

5/25(木) 21:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

沖縄は5月15日、本土復帰45年の節目を迎えた。基地問題をめぐる沖縄と日本本土の関係は過去最悪との指摘もある。沖縄の人たちは今、「本土」をどう見ているのか。訪ね歩いた。

本土への想いを語る沖縄の人たち

GW期間中にもかかわらず、茨城空港―那覇間のスカイマーク往復チケットが2万円余で確保できた。東京駅-茨城空港間の高速バスは空港利用者だと片道500円。LCC、地方空港、バス会社の連携の恩恵をかみしめた。

沖縄は梅雨入り間近を予感させる、どんよりした雲に覆われていた。那覇空港近くのレンタカー営業所で、波のように押し寄せる観光客を手際よくさばく女性スタッフ(22)に声を掛けた。

「(本土の)お客さんは沖縄いいところですね、と言ってくれます。でも、配車が遅れると、『沖縄タイムだから仕方ないね』って言われます。ひいきされていると思うときと、差別っていうのか、えっ?と思うこともたまにあります」

沖縄本土復帰45年特別展を開催中の那覇市の県立博物館・美術館。金城知美さん(30・糸満市在住)が感じる本土との「壁」。「仮に琉球独立しても、沖縄以外の人とも協調していかないと」

「前の職場では文化芸術活動の支援事業に携わり、上司は県外出身の方でした。本土出身のあなたに何がわかるんだって、関係者から批判を浴びる場面もありました。やっぱり壁があったように思います。『琉球独立』を唱える人もいますが、確かに、そういう気持ちはわかるんです。でも仮に独立しても、沖縄以外の人たちとも協調していかないといけない。琉球だった時代に諸外国との交流から生まれた沖縄ならではの文化や芸術が、今はしっかり根付いています。沖縄の人のほうから壁を取っ払い、もっと先へ進むべきだと思います」

基地問題への複雑な感情も吐露した。「基地への感情は重過ぎて沖縄は沈んでしまう」

「名護市辺野古の基地建設には反対です。沖縄の豊かな自然を壊されたくないから。でも、基地から収益を得ている人もいますから、一概に基地をなくせとも言えないのです。いろんな感情が沖縄にはあって、それが重過ぎて沖縄は沈んでしまうんじゃないかっていう不安もあります」

1/3ページ

最終更新:5/25(木) 21:10
BUSINESS INSIDER JAPAN