ここから本文です

17年バルーンフェスタは10月31日開幕 佐賀

5/25(木) 11:51配信

佐賀新聞

 佐賀市は、今年の佐賀インターナショナルバルーンフェスタの大会日程を10月31日~11月6日の7日間と決めた。同市のグランデはがくれで24日、熱気球大会佐賀運営委員会(会長・秀島敏行市長)の初会合を開き、開催日程や観客へ向けたイベント、運営体制などを確認した。

 大会は嘉瀬川河川敷をメイン会場に11月1日~5日の日程で競技飛行を実施する。例年並みの115機の参加を見込み、第31回パシフィックカップ、日本選手権、熱気球ホンダグランプリ第4戦など4戦を行う予定。

 会合には秀島敏行市長ら関係者約40人が出席。ホームページなどを活用した情報発信の体制や、多くの観客が見込まれる福岡市などを中心に係留飛行展示のPR活動を検討していることも確認した。また、昨年から実施した会場内駐車場を運行するバス専用レーンの取り組みの報告もあった。

 会長を務める秀島市長は「一時的な盛り上がりではなく、ボランティアなど支える人も支援しながら、次世代につなげていきたい」と話した。

最終更新:5/25(木) 11:51
佐賀新聞