ここから本文です

ワウリンカ 思わぬ形で8強入り、負傷の相手に駆け寄る<男子テニス>

5/25(木) 10:31配信

tennis365.net

バンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン

男子テニスのバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン(スイス/ジュネーヴ、レッドクレー、ATP250)は24日、第1シードのS・ワウリンカ(スイス)と世界ランク78位のR・デュトラ=シルバのシングルス2回戦が行われたが、第1セットの第8ゲームでデュトラ=シルバが右足の負傷により途中棄権となったため、ワウリンカがベスト8へ駒を進めた。

【錦織vsアンダーソン 1ポイント速報】

この日、ゲームカウント5-2の第8ゲームでワウリンカのサービング・フォー・ザ・セットを迎えた。

30-30の5ポイント目、デュトラ=シルバが走ってフォアハンドを打った際に右足を負傷。ラケットを手放してコートへ転倒し、痛みでその場から動けない状態となった。

ワウリンカはすぐにデュトラ=シルバのもとへ駆けつけ、負傷した右足を氷で冷やすなどしていた。

その後、試合続行が不可能となったデュトラ=シルバは途中棄権。ワウリンカがベスト8へ駒を進めた。

準々決勝では、第6シードのS・クエリー(アメリカ)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:5/25(木) 10:31
tennis365.net