ここから本文です

管理職男性に「エロ対決」を要求され……元契約社員女性がセクハラで新日鐵住金ソリューションズを提訴

5/25(木) 17:06配信

BuzzFeed Japan

新日鐵住金ソリューションズ(東京都)で契約社員として働いていた30代女性が、セクハラで休職に追い込まれ、さらに雇い止めにされたと訴え、雇い止めの無効や慰謝料など約1100万円を求める裁判を5月25日、東京地裁に起こした。女性と代理人弁護士らが記者会見した。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

会見した女性は、管理職男性X氏(40代)からSNSで「恋は始まってるね!」「僕に触られて嫌じゃなかった?」「こんどエロ勝負しましょう」「エロ対決をいつかすること、も入れていい?」などとメッセージを送られたと主張。会社にセクハラだと訴えたが、「大人の男女のやりとりだ」などと相手にしてもらえなかったと話した。

「今度エロ勝負しましょう」

訴状などによると、女性の主張は次のようなものだ。なお、フェイスブックやLINEでのやり取りは、記録として残っているという。

女性は、2013年3月から派遣社員として働いていたが、2014年6月に契約社員になった。仕事はアシスタント業務だったという。

女性は2013年末、職場のほぼ全員が参加した忘年会で、正社員のX氏から執拗に絡まれた。性的な言葉をかけられ、「ホテルに行こう」などと身体の関係を求められたが、社内の人間関係もあるので「Xさんは既婚者じゃないですか。不倫は犯罪です」などといって、穏便に拒んだ。しかし、X氏はアプローチをやめず、突然腕を組んでくるなどしたという。

2013年12月24日、X氏からフェイスブック友達になることを求められ、承諾した。すると、アプローチはさらに激化した。

X氏からは「金曜日、僕に触られて嫌じゃなかった?って、なんか痴漢みたいな言い方だけど」「じゃあ、今度エロ勝負しましょう」といったメッセージが送られてきた。女性は受け流していたが、既婚者から交際や性行為を求められ、生理的な嫌悪感を抱いたという。

フェイスブックでのやり取りの中で、X氏は自分にはストーカー気質がある、過去に付き合った女性が自殺した、恋愛でとんでもない行動に出ることがある……といった趣旨の言葉を告げた。女性はX氏への対応を間違えるとあぶない、と感じたという。

年明けの2014年1月9日深夜、X氏は番号を教えてもいないのに電話をかけてきて、午前3時まで会話をすることになった。

仕事へも悪影響が出てきたため、女性は1月15日「連絡を取るのをやめて」と提案し、フェイスブック友達を解消した。すると今度は、LINEや社内メールで個人的な連絡が来るようになった。

2014年2月19日、X氏は社内メールで「おっちゃんが誘っちゃる!既婚者だけどwww」と連絡。女性は無視したが、さらに「まあ、冗談はサテオキ、こんどお茶でもしばきながらダークな成分はき出す会でもやりますか?」などと、続けてメールがあった。

女性は、なりふり構わず迫ってくる態度に恐怖を感じたという。

女性がさらにメールなどでの連絡も断ると、X氏は女性のことをしつこく詮索するようになった。ある同僚からは「X氏が、なんで●●さん(原告女性)と飲みに行くの?など、いろいろと詮索してきて面倒くさいので、気をつけてください」と助言を受けたという。女性は、複数の同僚から「あなたと仲良くしているとX氏がしつこいので、関わらないでほしい」と言われてしまったという。

そしてX氏はフェイスブックに、「ある女性」を誹謗中傷するような投稿を、繰り返すようになった。「あなたの悪口が書かれているかも」と知らされて、見に行くと、そこには次のようなことが書かれていた。

1/2ページ

最終更新:5/25(木) 19:37
BuzzFeed Japan