ここから本文です

加計学園問題『総理のご意向』文書は本物。前川前文科次官の証言めぐり国会で追及

5/25(木) 16:05配信

ホウドウキョク

学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、「安倍首相の意向」などと記された文書が出回っている問題について、キーマンから驚きの証言が飛び出した。

「『総理のご意向』と記された文書は本物。部下から受け取った説明用の資料だった」

2017年1月まで文部科学省の事務次官だった前川喜平氏は、25日発売の週刊文春に対して、「『総理のご意向』などと記された一連の文書は、わたしの手元にあるものと全く同じ。間違いなく本物です」と証言した。

加計学園の獣医学部新設が、事実上認められた当時、事務方のトップにいた前川氏。記事の中で前川氏は、問題の文書について、部下から受け取った説明用の資料だったと説明している。

そして、「本当の総理のご意向なのかどうか、確認しようがありませんが、ここまで強い言葉は、これまで見たことがなかった。プレッシャーを感じなかったといえば、それは、うそになります」と証言した。
さらに、異例の早さで、獣医学部の新設が認められた過程については、「本来なら、筋が通らないと内閣府に主張し、まっとうな行政に戻す努力を最後まで行うべきだったと思います。それができなかった、やらなかったことは、本当にじくじたる思いです」と証言した。
FNNも前川氏に取材を試みたが、接触できなかった。

民進党の安住代表代行は、「『文書は全て事実である』と当時の事務次官の前川さんがおっしゃってる以上、これは委員会に来ていただいて、その話をしていただいた方がいいと思う」と述べた。

しかし、菅官房長官は「政府としては、『出所もわからず、信ぴょう性もない文書』だということに変わりありません」との主張を貫いている。

「現時点の構想では不十分だ」と具体的なアドバイスを示すメールも浮上

一方、民進党の調査チームの会合では24日、新たな資料が示された。
民進党が入手したとするのは、加計学園の獣医学部の新設が、事実上認可される前日に、文部科学省内で、「現時点の構想では不十分だ」と、加計学園に開設が速やかに決まるよう具体的なアドバイスをしていたことを示すメール。加計学園に対する特別な配慮があったことを示唆する文書が、また1つ、浮上した。

菅官房長官は「いちいち、そのようなメールについて、出元がわからないものについて、政府としてコメントは差し控えたいと思います」と述べた。

前川氏の証人喚問、安倍首相が出席する集中審議を要求

25日の参議院・文教科学委員会では、野党から、参考人招致や証人喚問を求める声が相次いだ。質問に立った共産党の小池 晃議員は、「結局、いろんな懸念が文科省から出されたが、最後は総理の一言で、この諮問会議で決定された」と、厳しく批判した。

一方、松野文科相は「国家戦略特区の所管は内閣府。内閣府におたずねをいただきたい」と逃げの答弁。

加計学園問題の追及を強める構えの民進党は、前川氏の国会招致を求めていく考えを示し、共産党の小池書記局長も、前川氏の証人喚問と安倍首相が出席する集中審議の実施を求めた。

文書やメールの真偽は、はたして。終盤国会の大きな火種となるとみられる。

最終更新:5/25(木) 16:05
ホウドウキョク