ここから本文です

無敗の忠勝にあやかれ 夏の大会へ甲冑姿で出陣式 大多喜高生

5/25(木) 12:05配信

千葉日報オンライン

 千葉県立中央博物館大多喜城分館で、夏の大会に出場する県立大多喜高校各運動部を応援する出陣式が開かれた。城を築いた戦国時代の猛将、本多忠勝は57戦無敗を誇ったといわれ、「負け知らず」。甲冑(かっちゅう)姿の主将らが気合いっぱいの“ときの声”を上げた。

 城の二の丸跡に立つ同校。同館が忠勝の武運にあやかってもらおうと、初めて式を企画した。

 10の部活から男女17人が参加した。同館職員の指導の下、生徒は協力して真田幸村や井伊直政、徳川家康などの甲冑を着用。各部活の道具を持って集合し、それぞれ躍進を誓った。

 忠勝の甲冑を着た3年でバスケットボール部キャプテン、岩瀬嘉希さん(17)は、「力が湧いてきた。縁起にあやかって県大会に出場します」と力強く話した。