ここから本文です

サッカーW杯特需を狙え!三菱ふそうがカタールに大型トラック

5/25(木) 14:08配信

ニュースイッチ

新型車でシェア拡大

 三菱ふそうトラック・バスは、カタールで同社ブランドの中で最も高いエンジン出力を持つトラクタータイプの大型トラック「TP」を発売した。連結車両総重量(GCW)50トンタイプには、排気量11・97リットル(400馬力)の新エンジン「OM457」を搭載。荒野と砂漠が大半を占めるカタールの需要に合うように設計した。

 TPは独ダイムラーの技術プラットフォームをベースに開発。12段のマニュアルトランスミッション(MT)に加え、ベッドスペース付きのキャビンを備えた。製造はダイムラーの完全子会社「ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ」が手がけ、三菱ふそうブランドとして販売する。

 三菱ふそうによると、カタール市場での日系商用車メーカー販売台数は2009年ごろから年4000台前後で堅調に推移しているという。同国は22年にサッカーワールドカップの開催を控える。インフラ整備や建設需要の増加が見込まれるため、新型車を投入しシェア拡大を図る。

最終更新:5/25(木) 14:08
ニュースイッチ