ここから本文です

相沢まき、後輩から「売れていない」と言われ鬼ギレ 「震えるほどの怒り感じた」

5/25(木) 12:00配信

AbemaTIMES

 『必殺!バカリズム地獄』の第7回が放送され、ゲストにタレントの相沢まきと山田菜々が登場し、鬼ギレエピソードを語った。
同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムが様々な職業の女性が経験した鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。

 鬼ギレした経験を問われた相沢は、自身がもっている地方の冠番組でのエピソードを紹介。「事務所の後輩と出演することになったので気合いを入れていた」という相沢。しかし後輩は、カメラがまわってもサングラスを頭に乗せたり、台本を覚えていなかったりとストレスが絶えない出来事が多かったという。
 「カメラが1個しかないのに遠くに行っちゃったり。”本当に話を聞いて!”って言っても聞いてくれなくて、”そういうの売れないよ!”って言っちゃった。そしたらその子が”相沢さんには言われたくありません”って。その瞬間にブチンってなった」と告白した。

「私の冠番組に出てくるんじゃない」としつつも「確かに私売れていないしって」と話し、当初は声を出す怒りではなく、ぶるぶると震えるほどの怒りを感じたという。とはいえ後輩も現在では経験を積み、仲良くなったと話した。

山田菜々、うるさいマネージャーに渇!

 一方で山田菜々は、マネージャーからSNSのフォロワーを増やすために更新を催促されていると告白。「更新してくださいって言われるけど、インスタはお洒落じゃないと人の目にとまらない。だからマネージャーさんに撮ってくれるように頼むけど、すごく適当に撮られる」とし、「カメラのセンスもないし、この位置から撮ってって頼んでカメラを渡してもズレる」と腹が立っていることを話した。

 相沢は「女性タレントあるあるかも」と共感し「1枚でチェックしないで渡されたり、ブレていたり。2~3枚は撮ってほしいよね」とコメント。山田が「私のフォロワーは順調に増えているけど、お洒落はまだまだ」と話すと、バカリズムは「お洒落にインスタを撮るっていう発想自体がダサい」と鋭い突っ込みを入れた。
(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:5/25(木) 12:12
AbemaTIMES