ここから本文です

大学生コンビが第1シードを倒して準決勝へ [軽井沢/女子テニス]

5/25(木) 21:01配信

THE TENNIS DAILY

「ヨネックス 軽井沢国際女子テニス大会」(長野県・風越公園屋外テニスコート/本戦5月23~28日/賞金総額2.5万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦3日目は雨天により予定が変更となり、ダブルス準々決勝4試合が行われた。

元世界27位のロブソンが通算3勝目、林恵里奈/梶谷桜舞は2週連続準優勝 [久留米市ユー・エス・イーカップ国際女子]

 シード勢は、第2シードの奥野彩加(Club MASA)/タミ・パターソン(オーストラリア)と第3シードの藤原里華(北日本物産)/小堀桃子(橋本総業ホールディングス)が勝ち進んだが、第1シードの今西美晴(島津製作所)/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)はワイルドカード(主催者推薦枠)の細沼千紗(早稲田大学)/森崎可南子(筑波大学)に3-6 6-4 [5-10]で敗れた。

 ダブルスはベスト4が出揃い、奥野/パターソンが華谷和生(Ravie Court)/西郷幸奈(総武グリーンテニスクラブ)と、藤原/小堀は細沼/森崎と準決勝で対戦する。

 5月26日(金)は10時00分から、シングルス2回戦8試合と準々決勝4試合およびダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

     ◇   ◇   ◇

【ダブルス準々決勝】

○3細沼千紗/森崎可南子(早稲田大学/筑波大学)[WC] 6-3 4-6 [10-5] ●1今西美晴/高畑寿弥(島津製作所/橋本総業ホールディングス)[1]

○5藤原里華/小堀桃子(北日本物産/橋本総業ホールディングス)[3] 6-4 6-0 ●7荒川晴菜/宮原未穂希(フリー/TEAM 自由が丘)

○10華谷和生/西郷幸奈(Ravie Court/総武グリーンテニスクラブ)6-0 6-1 ●11東谷和/上田らむ(河内庭球倶楽部/ノア・インドアステージ)[Q]

○16奥野彩加/タミ・パターソン(Club MASA/オーストラリア)[2] 7-5 6-4 ●14坂田季美佳/清水千夏(山梨学院高等学校/福島工業)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5/25(木) 21:01
THE TENNIS DAILY