ここから本文です

【MLB】43歳イチローに「脱帽」も…米メディアが“衰え”指摘「強肩よ、安らかに」

5/25(木) 19:11配信

Full-Count

ライトへの打球を捕球し、一塁走者を刺そうと三塁へ送球も…

 24日(日本時間25日)の敵地アスレチックス戦に「9番・右翼」で先発出場したマーリンズのイチロー外野手。今季初の2試合連続先発出場となったこの日、バットから快音は響かなかったが、2001年に全米を沸かせた「レーザービーム」再現の場面がやってきた。

【動画】伝説の地でレーザービーム再現チャンスも…イチローによるバックホーム

 7回2死一、二塁の場面。ラウリーのバットが捉えた打球はライト前に弾き返された。二塁走者のロサレスは生還し、一塁走者だったジョイスは一気に三塁を目指した。ライトの守備に就いていたイチローは、捕球するとすぐさま三塁へ送球した――。

 舞台はアスレチックス本拠地オークランド・コロシアム。一塁走者を刺すために右翼から三塁へ送球。2001年に生まれた伝説の「レーザービーム」再現なるかと思われたが、地面に2度バウンドしたイチローの送球が三塁へ届いた頃には、ジョイスは悠々とベースにたどり着いていた。

 米スポーツ専門サイト「スポーティングニュース」では、この場面を「伝説が誕生した場所で、イチローの肩は衰えを見せた」と題した記事で紹介。2001年の映像と、この日の映像を並べて掲載しながら、「肩の力が違う。現在43歳。時の翁はまた新たな犠牲者を生んだ」と、時の流れには逆らえないイチローの衰えを指摘した。

 同時に「43歳にしてメジャーでプレーできることに関しては、イチローに脱帽だ」と敬意を示したが、「強肩よ、安らかに。すばらしい生涯だった」と辛辣に締めくくった。

 43歳を迎えてもなおメジャーでプレーし、16年前と同じプレーの再現を期待されるだけでも、イチローの存在は稀有なのかもしれない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/25(木) 19:19
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 6:00