ここから本文です

「文書は本物」前事務次官の国会招致求める

5/25(木) 15:36配信

ホウドウキョク

民進党は、文部科学省の前川前事務次官の国会招致を求めていく方針。
民進党・安住代表代行は、「文書は全て事実であると、当時の事務次官として前川さんがそうおっしゃっている以上、これは委員会に来ていただいて、その話をしていただいた方がよい」、「いろいろな機会を通して、この問題については追及していきたいと思いますが、まずは参議院の文科でそういう話にしていきたい」などと述べた。
安倍首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、民進党の安住代表代行は、24日の記者会見で、事実関係の解明のため、前川氏の参考人招致を求めていく考えを示した。
民進党が以前公開した、「安倍総理の意向」などと記載された文書については、松野文科相が「該当する文書の存在は、確認できなかった」としているのに対し、前川氏は25日に発売される週刊誌のインタビューで、「存在している文書だ」と認めている。
安住氏は「無理やり制度をもし利用したということが、いろいろな証言からわかってくると、総理として大きな責任問題になるのではないか」と強調した。

最終更新:5/25(木) 15:36
ホウドウキョク