ここから本文です

初夏告げるアユ解禁は6月1日 「大きさに期待」

5/25(木) 9:33配信

カナロコ by 神奈川新聞

 6月1日のアユ釣り解禁を前に、早川河川漁業協同組合の組合員が24日、小田原市と箱根町内の早川で試し釣りを行った。ことしの見通しについて、細川孝組合長は「数も大きさも期待できる」と話している。

 組合員21人がおとりにアユを使う「友釣り」や、エサに似た針を付ける「毛針釣り」で約3時間、試し釣り。最大18・3センチ、計450匹以上の釣果だったという。

 細川組合長によると、ことしは少雨で川の水量が少なく、アユのエサが不足したため、生育は遅れがち。ただロケット花火で天敵のカワウを追い払ったため、数は期待でき、生育も「今後雨が多く降れば、良いアユに育つ」という。