ここから本文です

大さん橋に新カフェ “和バーガー”など提供

5/25(木) 22:34配信

カナロコ by 神奈川新聞

◆先着300個限定でハンバーガー無料提供
 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)に26日、地元の食材を使った料理や厳選コーヒーを提供する「café&dining blue terminal」(カフェ&ダイニング ブルーターミナル)がオープンする。

 スイーツやケータリング事業を展開するエモーションズ(東京都大田区、宇佐美慎太郎社長)の傘下企業が運営。肉厚の豚肉を挟んだハンバーガーや日本食材をアレンジした“和バーガー”など、外国人や幅広い世代に喜ばれる多彩なメニューを用意する。

 カフェとショップのリニューアルを記念した式典が催され、指定管理者を代表して横浜港振興協会の藤木幸夫会長が「沖から港を見たときに世界で最もきれいなのは横浜。横浜の港のシャンデリアである大さん橋に何度も訪れてほしい」とあいさつ。老舗バッグメーカー「キタムラ」の北村宏社長が乾杯を発声した。

 初日の26日は先着300個限定でハンバーガーを無料提供する。初日のみ午前11時から開店。平日は午前10時~午後10時。土日・祝日は午前9時~午後10時、不定休。問い合わせは、同店電話045(227)8227。