ここから本文です

京都で、人気のコーヒーを飲みくらべるイベント

5/25(木) 12:00配信

Lmaga.jp

人気のコーヒーショップが一堂に集まり、飲みくらべやワークショップが体験できるイベント『ENJOY COFFEE TIME(エンジョイコーヒータイム)』第4弾が、「元・立誠小学校」(京都市中京区)で6月4日に開催される。

【写真】イベントオリジナルのエコバッグやマグカップ、Tシャツもあり、コーヒー飲みくらべチケットとのセット券も人気

コーヒー文化が根ざす京都は今、コーヒーロースターやスタンドが続々と登場し、ますますヒートアップ。自家焙煎や飲み方のスタイルにこだわる、コーヒー好きが通いたくなる実力店ばかり。今回は会場を講堂と、1・2階の教室まで拡大し、出店数もほぼ倍の規模に。コーヒーツウにおなじみの「Unir(ウニール)」や「サーカスコーヒー」をはじめ、人気のコーヒースタンドは、小さな古い家をリノベした「二条小屋」、トーストも人気の「WANDERERS STAND(ワンダラーズスタンド)」、京都の焙煎所の豆をセレクトする「Dongree(ドングリー)」が。また今年京都の元美術学校にできた「珈琲焙煎所 旅の音」まで、コーヒーショップは14店が出店と、地元のネットワークが叶えた、充実の顔ぶれだ。元校舎という空間も心地よく、1杯ずつゆっくりと味わいたい。

さらに、「うめぞの茶寮」、「ナカムラジェネラルストア」、「喫茶マドラグ」の玉子サンドなど、コーヒーと合わせたいフードも、京都の名店ぞろい。また、「カリタ」と「東急ハンズ京都店」による「カリタ式ハンドドリップワークショップ」(要予約、2000円/カリタ器具のプレゼント付)は、初心者やハンドドリップのブラッシュアップにおすすめ。自分好みの店と出会えたら、次回は京都散策を楽しみながら、コーヒーめぐりを。

取材・文/宮下亜紀

最終更新:5/25(木) 12:45
Lmaga.jp