ここから本文です

大人気の大阪「中之島ホーム酒場」、今夏も開催

5/25(木) 17:00配信

Lmaga.jp

昨年6月、初開催で計7000人(4日間)を動員した、京阪電車中之島線の「中之島駅」(大阪市北区)の飲食イベント『中之島駅ホーム酒場』が今年もおこなわれることに。昨年12月に続き、3回目の開催となる。

【写真】多くの人で賑わう前回の「中之島ホーム酒場」の様子

昨年12月同様、座席昇降で有名な「5000系」車両が酒場に大変身。カウンターテーブルが車内に設置され、赤提灯などで彩られた3番線ホームと車両を往来しながら、バル感覚で「うまいもん」が楽しめるこのイベント。今回は、「京料理 たん熊 北店」の仕出し弁当が付いた囲炉裏席と納涼床席(予約制・4000円)をイメージした座席を車内に新たに設置。沿線の伏見を中心とした厳選された日本酒や、生樽ワインで有名な「島之内フジマル醸造所」のワインなどが販売される予定だ。

期間は、6月21日から24日までの4日間(時間は17時から21時半まで、最終日のみ14時から20時半まで)。料金はひとり1000円(1000円分の飲食チケット付)で、中之島駅改札外の特設ゲートで受付・販売される。

最終更新:5/25(木) 17:00
Lmaga.jp