ここから本文です

立山町舞台の漫画 「ようことよしなに」応援 立山舟橋商工会青年部

5/25(木) 22:32配信

北日本新聞

 立山舟橋商工会青年部(松嶋幸治部長)は、立山町出身の漫画家、町田翠さん=東京都=が同町で暮らす女子高生を描いた「ようことよしなに」を応援する。7月の単行本発行に合わせて町内のイベントで紹介ブースを設けるほか、町が任命する「地域サポーター」の雄山高生らと連携し作品をPRする。24日夜の会合で方針を確認した。

 町田さんは20代後半。小学館の青年誌「月刊!スピリッツ」の3月号から作品を連載している。作曲が趣味で自由奔放な「ようこ」と、集団生活が苦手で不器用な「マキ」が主人公。別々の高校に通いながら放課後は毎日のように一緒に過ごす2人の友情と青春を描く。

 立山連峰、富山地方鉄道五百石駅、役場前バス停など町内の景色が登場することから、青年部は全国に立山町を発信できる作品と考えた。町田さんや小学館に了解を得て「応援団」として活動することになった。松嶋部長はまず町民に作品を知ってもらうことが大切と強調し「地元から盛り上げたい」と力を込める。

北日本新聞社

最終更新:5/25(木) 22:32
北日本新聞