ここから本文です

国内外から義援金2005万円「心から感謝」 沖縄で早産の親子、台湾に帰国

5/25(木) 8:40配信

沖縄タイムス

 沖縄を新婚旅行中、妊娠7カ月の早産で出産した李さん(20)と男児が24日夜、台湾に帰国した。予定外の出産で医療費など約850万円が必要になったが、国内外から集まった寄付で賄った。李さんは「健康に大きくなって、ほっとしている。多くの人の義援金に心から感謝している」と話した。

 李さんは3月30日、県立南部医療センター・こども医療センターで帝王切開手術を受け、884グラムの男児を出産。医療費は自己負担のため、出産費や入院費など計850万円が必要になった。そこで琉球華僑総会(張本光輝会長)が寄付を呼び掛け、300件以上計2005万円の義援金が集まった。

 男児は人工呼吸器をつけることなく順調に育ち、1660グラムまで成長した。同センターの医師と看護師が台湾高雄市の病院まで同行。男児は2カ月ほど入院するという。

 那覇空港で、李さんは男児を抱きながら「家族や親戚に早く会わせたい」と笑顔。李さんの母(46)は「琉球華僑総会や多くの人の支援に本当に感謝している」と語った。李さんたちはお世話になった関係者に改めてお礼を伝えるため、3年後に再訪することを約束し、沖縄を離れた。

【関連記事】余剰金は保険が適用されない外国人医療費に充てる案も(2017年5月25日)

最終更新:5/25(木) 12:55
沖縄タイムス