ここから本文です

阪神・糸井、28打席連続無安打 若松氏「真っ直ぐ系に…」

5/25(木) 11:00配信

ベースボールキング

 阪神の糸井嘉男が苦しんでいる。5月17日に行われた中日戦の第1打席から、28打席連続で安打がない状況だ。

 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた若松勉氏は、「真っ直ぐ系に振り遅れている」と指摘。球種を見ても、28打席中13打席はストレート系のボールで打ち取られている。

 24日の巨人戦も、初回二死走者なしの第1打席は、吉川光夫のストレートを二ゴロ。6回二死走者なしで迎えた第3打席は、森福允彦のストレートで一ゴロに打ち取られた。9回の第4打席は、カミネロのカットボールを捉えるも右飛に倒れたが、4打席中2打席がストレート系で凡打となった。

 糸井は4月25日のDeNA戦から5月5日のヤクルト戦にかけて9試合連続安打を放つなど、打率は.330を記録していたが、17日の中日戦から続く28打席連続無安打を受け、打率は.265まで下がった。

 現在は打撃不振に陥っているが、糸井が加入したことで昨季固定できなかった3番打者、センターのポジションが埋まったのは事実。高代延博ヘッドコーチも「チームの状況としては、層が厚くなった。去年までとは違う」と話す。

 5月6日の広島戦で最大9点差をひっくり返し大逆転勝ちするなど、打線の好調さが目立っていたが、直近の2試合で奪った得点はわずかに1。打線全体が落ち込んでいるだけに、糸井の早期復調が待たれる。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 6:20